要素の追加と削除

7.3 要素の追加と削除

 既存のリスト変数への要素の追加は、リスト型変数で使用できる、appendメソッドやremoveメソッドを用いるのが一般的です。

※メソッドとは
データ型の変数に紐づいて使用できる機能(関数)のようなものを指します。型に関係なく呼び出せる関数と異なり、データ型の種類によって呼び出せるメソッドは異なります。
【構文】
変数名.メソッド名(引数)

7.3.1 要素の追加|append

 appendはリスト型変数に要素を追加するためのメソッドです。

図 7.3.1.1:リストに要素の追加

7.3.2 要素の削除 | remove

 一方、removeはリスト型変数の特定の要素を削除するためのメソッドです。

図 7.3.2.1:リストの特定の要素を削除

7.3.3 リストとリストの連結

 すでに宣言されたリスト同士を、+演算子を用いて連結することができます。連結を行うと、各リストの各要素が、一つのリストに格納されます。

図 7.3.3.1:リストに要素の追加

7.3.4 リストの追加、削除、連結を用いたプログラム

 続いてリストを用いて、要素の追加、削除、リスト同士の連結を使ってプログラムを作成していきましょう。

ソース・フォルダ:/Desktop/Python超入門テキスト
ファイル名    :第7章.ipynb
アクセスURL   :http://localhost:8888/notebooks/Desktop/Python超入門テキスト/第7章.ipynb

➢ 第7章.ipynb/ 7.3.4 リストの追加、削除、連結を用いたプログラム

	#リストの宣言
	names1 =[]
	names2 = [‘田中’,  ‘加藤’, ’安藤’]
	
	#要素の追加と削除
	names1.append(‘鈴木’)
	names2.remove(‘加藤’)
	
	#各変数の要素の確認
	print('names1:', names1)
	print('names2:', names2)
	
	#リストの連結を出力
	print('names1 + names2:', names1 + names2)
	 
	

解説

 2、3行目、リスト型変数であるnames1、names2を宣言しています。
   2: names1 =[]
   3: names2 = [‘田中’, ‘加藤’, ’安藤’]

 6行目ではnames1に’鈴木’という要素を追加し、7行目ではnames2から’加藤’という要素を削除しています。
   6: names1.append(‘鈴木’)
   7: names2.remove(‘加藤’)

 また値の追加と削除を行った上で14行目では、names1とnames2の二つのリストを連結させたリストを出力しています。
   14:print('names1 + names2:', names1 + names2)

ポイント

・ リスト型変数への要素の追加は、appendメソッドを使用する
・ リスト型変数への要素の削除は、removeメソッドを使用する
・ 二つのリスト型変数の連結は+演算子を使用する


NEXT>> 7.4 リスト以外の配列(辞書、タプル)