第12章 PHPとデータベースの連携

12.8 本章のまとめ

この章では次のようなことを学習しました。

Pickup Lecture

  • PHPではデータベースへの操作方法が初めから用意されている。
  • データベースの操作方法は、データベースサーバ(MySQL、SQLite、Oracleなど)によって異なる。
  • MySQLサーバへの操作方法は、「mysqli_」が頭に付く組み込み関数を利用して行う。
  • データベースにはSQL文を発行してデータの検索や更新を行う。
  • 発行できるSQL文は「MySQLサーバ」で使用できるものになる。
  • 検索(SELECT文)のSQL文をデータベースに発行すると、検索結果がサーバ内に保存されるため検索結果の利用が終わった後は、その情報の開放処理を行う。
  • 更新系(INSERT、UPDATE、DELETE)のSQL文はデータベースに発行するだけで処理され、検索と違いサーバに情報が保存されないので開放処理は必要ない。
  • データベースの操作手順が共通処理が多いため、ユーザー定義関数としてまとめて利用することもできる

PHPからデータベースの操作は初めから組み込み関数で用意されているため、手順さえ分かればそれほど難しいものではありません。しかし、データベースのデータを検索・更新する命令文であるSQL文については、別途学習し理解しておく必要があります。
これまでに何度もお伝えしてきました、本格的なWebアプリケーションを作成したい場合データベースとの連携は欠かせないものになります。本章で習った内容はしっかり理解しておきましょう。

NEXT>> 12.9 練習問題