第12章 PHPとデータベースの連携

12.3 MySQLの準備

Webアプリケーションからデータベースにアクセスする場合、前準備としてMySQLが起動していることとデータベースが構築されていることが必要になります。
本節ではXAMPPのMySQLを起動する方法の確認と、Webアプリケーションで扱うデータベースの準備を行います。

12.3.1 XAMPPを利用してMySQLの起動

データベースの準備を行うまえにMySQLの起動を行いましょう。

1.XAMPPコントロールパネルの起動

XAMPPがインストールされている場所から「xampp-control.exe」をダブルクリックします。
※本テキストでのインストール先:「C:\usr\kis_php_pkg_ver4.8\xampp」


図 12.3.1:XAMPPコントロールパネルの起動

2.MySQLの開始

コントロールパネル上にあるMySQLの「Start」ボタンをクリックするとMySQLが開始します。
※この後PHPプログラムも動作させるため「Apache」も起動しておきます。


図 12.3.2:MySQL開始

なお、実行中の状態でMySQLの「Stop」ボタンをクリックするとMySQLを停止できます。

12.3.2 データベース準備

コマンドプロンプトから次のSQL文を実行して、データベースとテーブルの作成、また、サンプルデータの登録を行なってください。

【データベース作成用SQL文】

【テーブル作成用SQL文】

【サンプルデータ登録用SQL文】


図 12.3.3:データベース準備

NEXT>> 12.4 MySQLサーバと接続してみよう