本章のまとめ

4.3 本章のまとめ

 この章では次のようなことを学習しました。

Pickup Lecture

  • JDBCを利用したプログラムのデザインパターンの1つにDAO/DTOパターンと呼ばれるパターンがある。
  • DAOはデータアクセスロジック1つのクラスに集約しプログラムを作成するデザインパターンである。
  • DTOはデータの受け渡し専用のクラスを定義するデザインパターンである。
  • ArrayListとDTOを組み合わせて利用することでSELECT文の結果セットを1つのオブジェクトで管理することができる。

 JAVAプログラムではデータベースと連携を行う際に、DAO/DTOクラスを利用するデザインパターンが大変多く見られます。また、当スクールの今後の課題でも、DAO/DTOクラスを利用した処理を作成していくことが基本となりますので、ここで理解を深めておきましょう。


NEXT>> 4.4 練習問題