JDBCドライバの追加方法

1.2 JDBCドライバの追加方法

 Javaプログラムでは、データベースへ接続するためにはJDBCドライバをプロジェクト内へ追加する必要があります。本節では、JavaプロジェクトへのJDBCドライバの追加方法について学習します。

1.2.1 JavaプロジェクトへのJDBCドライバの追加方法

 JavaプロジェクトへJDBCドライバを追加するためには、以下の手順を行う必要があります。


1. JDBCドライバの準備
 MySQLのJDBCドライバは当スクールの環境パッケージ内に用意されています。
 以下のフォルダをエクスプローラで開いておきましょう。
 「C:\usr\kis_java_pkg_ver4.8\pleiades\tomcat\6\lib」

図 1.2.1 JDBCドライバ

2. JDBCドライバを追加するプロジェクトの準備
 JDBCドライバを追加するプロジェクトを用意します。既に作られている既存のプロジェクトでもJDBCドライバの追加は可能ですが、ここでは新しくプロジェクトを用意し、学習していきます。
 プロジェクト名は「myjdbc_名字のローマ字」として、新規Javaプロジェクトを作成して下さい。
 なお、本テキストのプロジェクト名は例として「myjdbc_kanda」と作成しています。

図 1.2.2 JDBCドライバを追加するプロジェクト

3. JDBCドライバの設置
 プロジェクトの作成が完了したら1で開いたエクスプローラ内にあるJDBCドライバをコピーし、プロジェクト内に貼り付けを行います。

図 1.2.3 JDBCドライバのコピー


図 1.2.4 JDBCドライバの貼り付け


4. JDBCドライバのビルドパスへの追加
 プロジェクト内にコピーしたJDBCドライバをビルドパスに追加します。
 JDBCドライバを右クリックし、表示された一覧の中から「ビルド・パス」→「ビルド・パスに追加」を選択します。

図 1.2.5 ビルド・パスへの追加


 以下の図のように構成が変わっていれば、追加処理は完了になります。

図 1.2.6 ビルド・パスへの追加の確認


NEXT>> 1.3 JDBCプログラム