第9章 繰り返し処理

9.6 練習問題

本章で習った内容を元に練習問題を解いて下さい。

問1 次の設問①~⑤について○か×で答えなさい。

設問
① 繰り返し処理を実現する代表的な構文には、for文、while文がある。
② break文を利用するとプログラム自体を強制終了できる。
③ for文を利用する場面は、主に繰り返し回数が具体的に決まっている場合になる。
④ 繰り返し処理内でcontinue文を使うと繰り返し処理を抜けてくれる。
⑤ 繰り返し処理内にif文を記述することができる。

問2 次の実行結果になるソースコードの空欄①~④について答えなさい。

ソース・フォルダ:/Desktop/Python超入門テキスト
ファイル名    :第9章.ipynb
アクセスURL   :http://localhost:8888/notebooks/Desktop/Python超入門テキスト/第9章.ipynb

➢ 第9章.ipynb/ 9.6 練習問題 問2

実行結果

ソースコード

    
    total = ①
    
    for num in range(② , ③):
        total = total + num 
        
    print(‘1~10の合計は’,④ ,‘です。’)
    
    

問3 練習問題7の問2で作成したソースコードのfor文をwhile文に変更したファイルを作成しなさい。

作成仕様
① 変数はint型のtotalとnumの2つのみを使用する。
② 変数totalの初期値は0を設定する。
③ 変数numの初期値は1を設定する。
④ whileの繰り返し条件は「num < 11」を使用する。

ソース・フォルダ:/Desktop/Python超入門テキスト
ファイル名    :第9章.ipynb
アクセスURL   :http://localhost:8888/notebooks/Desktop/Python超入門テキスト/第9章.ipynb

➢ 第9章.ipynb/ 9.6 練習問題 問3


NEXT>> 9.7 練習問題 解答