練習問題

11.4 練習問題

本章で習った内容を元に練習問題を解いてください。

問1 次の設問①~⑤について○か×で答えなさい。

設問
① 関数を使う場合は内部の処理を完璧に理解していないと利用してはいけない。
② 関数の分類は組み込み関数しかない。
③ 関数には決まった使い方があり、それにならえば結果を得ることができる。
④ 関数に与える情報のことを引数と呼ぶ。
⑤ 関数が返す情報のことを戻り値または返り値と呼ぶ。

問2 変数の情報を確認するための組み込み関数を①~⑤の選択肢から選びなさい。

選択肢
① empty
② unset
③ is_null
④ isset
⑤ var_dump

問3 以下に示す変数の値を、組み込み関数を使った条件分岐文で判定した場合の実行結果を答えなさい。

変数
① $val = 123;
② $val = “123”;
③ $val = ”;
④ $val = ‘789’

条件分岐文

※is_numeric関数:値が数値なのかを判定し、その結果を真偽値で返します。(数値:true / 数値以外:false)

問4 以下に示すソースコードpractice1101.phpを実行した時の、実行結果を選択肢から選んで答えなさい。

選択肢
① abc
② cDe
③ efg
④ bcD
⑤ Def

ソースコード

ソース・フォルダー: myproj_intro/ch11exercise
パッケージ: practice1101.php
アクセスURL:http://localhost/myproj_intro/ch11exercise/practice1101.php

practice1101.php

※substr関数:引数の情報を元に文字列を切り出す。

問4 以下に示すソースコードpractice1101.phpを実行した時の、実行結果を選択肢から選んで答えなさい。

ソースコード

NEXT>> 11.5 練習問題 解答