スペシャル実践演習について

スペシャル実践演習について

本テキストの7章までのカリキュラムが終了したら、「Java超入門」コースの集大成として、これまで学んだ内容の理解度を試すための「スペシャル実践演習」に挑戦していただきます。
スペシャル実践演習はスクールで行います。あらかじめ設定した指定日時に忘れずお越し下さい。

■スペシャル実践演習の概要
 スペシャル実践演習では、「High&Low」というゲームを作成します。「High&Low」は、伏せられたカードの数が、表示されているカードの数よりも「大きいか小さいか」を予想する推理ゲームです。

 スペシャル実践演習は、「Step By Step方式」で進めます。Step By Step方式とは、大きなプログラムをいくつかのStep単位に分けて、Step順に少しずつ肉付けしながら組み立てていく方法です。ひとつひとつのStepにじっくりと取り組み、少しずつ完成に近づけていきます。

 簡単そうに見えるかもしれませんが、本テキストで学習した内容をきちんと理解できているかどうかが試される、非常にやりがいのあるプログラムです!ぜひ、頑張って取り組み、完成を目指してください!

■スペシャル実践演習の注意点
 ・ 受講初日に確定した日時に必ずお越しください。
   予定日時:    年  月  日  曜日   時
  (どうしても都合が悪くなった場合は、早めにご連絡ください)
 ・ スペシャル実践演習の専用テキストは、実施当日に配布致します。
 ・ スペシャル実践演習の制限時間は2時間とします。
 ・ スペシャル実践演習の実施中は、「Java超入門」テキストをご覧頂いても構いません。ただし、制限時間がありますので、事前に一通り復習しておくことをおすすめ致します。
 ・ スペシャル実勢演習の実施中は、講師に質問して頂いても構いません。(なるべく質問せずに自分の力で解けるよう頑張ってみましょう!)
 ・ スペシャル実践演習の終了後は、講師とソースコードレビューを行い、作成したプログラムが正しく記述できているかどうかを一緒に確認し、アドバイスを行ないます。


 スペシャル実践演習の実施日にお会いできるのを楽しみにしております。