本書の使い方

本書内容に関するお問い合わせついて

本書に関するお問い合わせつては、下記のWebサイトをご覧下さい。
 https://kanda-it-school-service.com/kojin/otoiawase/otoiawase.php

インターネットをご利用でない場合は、FAXまたは郵便で、下記にお問い合わせ下さい。
  〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町11 岩田ビル3F
  神田ITスクール テキストサポート係
  FAX番号 : 03-5809-8322

電話でのご質問はお受けしておりません。

※本書に記載されたURL等は予告なく変更される場合があります。

※本書の出版にあたっては正確な記述に努めましたが、著者や出版社のいずれも、本書の内容に対してなんらかの保障をするものではなく、内容やサンプルプログラムに基づくいかなる運用結果に関しても一切の責任を負いません。

※本書に掲載されているサンプルプログラムやスクリプト、及び実行結果を記した画面イメージなどは、特定の設定に基づいた環境にて再現される一例です。

※Javaは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。

※Microsoft、Windowsは、米Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。

※その他本書に記載されている会社名、製品名はそれぞれ各社の商標及び登録商標です。

本書「Java超入門テキスト」を使用するにあたって

本書「Java超入門テキスト」は、神田ITスクールのJava言語の講座で使うオリジナルテキストです。

「Java超入門テキスト」では、Javaプログラミングの基本概念、変数、条件処理、繰り返し処理といった基本構文に加え、Eclipseの基本操作などを学習します。また、最後に用意しているスペシャル実践演習を解く力を付けることに特化したテキストにもなっています。

「Java超入門テキスト」は、主に次のような方をターゲットとして作成しています。
 ・ プログラミング初心者の方
 ・ 独学でJavaを勉強して挫折した経験があって、もう1度気軽にJava言語の復習をしたい方
 ・ 本格的にJava学習する前にJavaがどのような言語なのかを短期間で知りたい方

そのため、本書は市販の書籍や他の通信講座のテキストと比べ、学習内容を絞り、できる限り分かりやすい説明を行っています。本書の内容を学習することで、最後のスペシャル実践演習を作成するための力が自然と身につくよう工夫して作られています。

本書の学習と共に、講座でご用意させて頂きました他の教材やシステムを使用することで、Javaプログラミング学習をより効率的に行うことができます。
 ・ 学習管理システムでの進捗の管理
 ・ 講師への質疑による問題解決
 ・ スペシャル実践演習でのゲーム作成

本書が皆さまのJavaプログラミング学習のお役に立ちますことを願っております。

株式会社FusionOne
神田ITスクール コンテンツ企画部

学習の進め方

本書は、以下の3ステップの繰り返しで学習を進めていきます。

1. 説明の精読

基本的な文法、概念等の説明をお読み下さい。初見で新しい項目を覚えることは難しいので、この時点では全てを理解する必要はありません。

2. プログラムの作成

本書にはプログラムが数多く収録されていますが、それらを必ずご自身で打ち込み、実行結果を確認して下さい。
プログラミング言語を身につけるのに一番良い学習法は、実際にソースコードを打ち込み、結果を確認することです。本テキストには豊富なサンプルプログラムを用意していますので、実際に作成するのは時間がかかりますが、是非全てのサンプルプログラムを作成し、動きを確かめて下さい。そうすることで、知識の詰め込みをしなくても、自然とプログラミングの力がついてくるはずです。
プログラムを作成し、途中で不明な点が出てきた場合は、すぐに解説を読み返して確認しましょう。通常は、これを反復して学習を進めていきます。

3. 練習問題の実施

章の終わりには、練習問題が用意されています。もし間違えてしまった場合は、もう一度該当する項を読み返し、確実に身につけましょう。それでもよく理解できない箇所は、プログラムをもう一度作成し、動きを確認することをお勧めします。

本テキストの標記

ソースコード

 行頭の番号は、本文説明のために追加しています。実際のソースコードには必要ありません。

➢ ソースコードファイル名
1:
2:
3:
4:

基本構文

 Java言語の基本構文やその例を示します。

その他表記

ポイント

 ・ 重要な事柄はここにまとめてあります。
 ・ わからない項目があれば、戻って復習しましょう。

コラム

ここには、豆知識や本テキストをもっと掘り下げた内容を記載しています。

エラーや注意点

エラーが発生した場合やテキストと同じ状態にならない時、注意点等を記載しています。

Pickup Lecture

その章で学習した項目が書かれています。どのようなことを学習したか思い出してください。 内容がきちんと理解できたかどうか確認し、必要であれば復習しましょう。

サンプルプログラムについて

本書に収録したプログラムは、下記のURLからダウンロードできます。必要なファイルをパソコンのハードディスクにコピーしてお使い下さい。ただし、通常の学習では、テキストに収録されたプログラムをご自分の手で打ち込むことをおすすめします。

サンプルプログラムのダウンロードリンク http://kanda-it-school.com/sample/download/JavaS_Sample.zip

尚、開発環境の構築については1.3節「プログラミング開発環境の構築」を参照して下さい。

免責事項について

サンプルファイルは、通常の運用において何ら問題ないことを当スクール及び著者は認識していますが、万一運用の結果、いかなる損害が発生したとしても、著者及び株式会社FusionOneはいかなる責任も負いません。全て自己責任においてお使い下さい。

サンプルプログラムのテスト環境

・Windows OS
・JDK8
・Eclipse 4.8以上

著作権等において

本書に収録したソースコードの著作権は、株式会社FusionOneが所有しています。個人で使用する以外に利用することはできません。許可なくネットワークを通じて配布を行うこともできません。個人的に使用する場合は、ソースコードの改変や流用は自由です。商用利用に関しては、株式会社FusionOneへご一報下さい。

株式会社FusionOne
神田ITスクール コンテンツ企画部


Copyright(c) 2018FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved