本章のまとめ

7.6 本章のまとめ

エンティティはデータベースアクセスだけでなく、入力値チェックでも活用できることを実感できたと思います。あくまで今回の実装方法は一つの手段でしかありませんが、出来る限り統一しておくことで再利用もしやすく、開発効率や保守性も向上するでしょう。また、オリジナルのバリデーション用アノテーションを実装することも可能ですので、気になる方は色々と調べてみましょう。


NEXT>> 8章 データベースアクセスの応用