練習問題

11.4 練習問題

 本章で習った内容をもとに練習問題を解いてください。

問1 次の設問①~⑤について○か×で答えなさい。

設問
① リクエストスコープに登録されたデータは1度しか取得できない。
② リクエストスコープに登録されたデータは次のリクエスト時にも扱うことができる。
③ リクエストスコープに同じ名前のデータを登録すると上書きされる。
④ リクエストスコープに登録されたオブジェクトはObjectクラス型のデータとなる。
⑤ リクエストスコープには既存のクラス型しか登録することができない。

問2 9.5 練習問題 問2で作成したプログラムを次の仕様にあわせて修正したプログラムを作成しなさい。

画面遷移

実行結果(正常)

実行結果(異常)

practice1101.jspの仕様
 ①practice1001.jspをコピーし仕様に沿った内容に修正する。
 ②リクエストスコープにエラーメッセージが登録されていた場合、テキストボックス下のスペースにエラーメッセージを表示する。
 ③リクエストスコープにエラーメッセージが登録されていなかった場合、テキストボックス下のスペースは何も表示しない。

Practice1101Servlet.javaの仕様
 ①Practice1001Servlet.javaをコピーし仕様に沿った内容に修正する。
 ②各フォワードを行う際にJSPに渡す値をリクエストスコープに登録して渡す。
 ③各フォワード先のファイル名は画面遷移を参考にする。
 ③web.xmlには提供されたソースを追記する

practice1102.jspの仕様
 ①practice102.jspをコピーし仕様に沿った内容に修正する。
 ②Practice1101Servlet.javaから受け取る値をパラメータではなくリクエストスコープから受け取る。

ソースコード

① 親フォルダの入力または選択 :web_basic/view/ch11exercise
② ファイル名 :practice1101.jsp
③ アクセスURL :http://localhost:8080/web_basic/view/ch11exercise/practice1101.jsp

① ソース・フォルダ :web_basic/WEB-INF/src
② パッケージ :ch11exercise
③ 名前 :Practice1101Servlet
④ スーパークラス :javax.servlet.http.HttpServlet
⑤ アクセスURL :practice1101.jspからの画面遷移でアクセスされる

➢ web.xml
<servlet>
	<servlet-name>Practice1101ServletMapping</servlet-name>
	<servlet-class>ch11exercise.Practice1101Servlet</servlet-class>
</servlet>
<servlet-mapping>
	<servlet-name>Practice1101ServletMapping</servlet-name>
	<url-pattern>/Practice1101Servlet</url-pattern>
</servlet-mapping>

① 親フォルダの入力または選択 :web_basic/view/ch11exercise ② ファイル名 :practice1102.jsp ③ アクセスURL :Practice1101servlet.javaからの画面遷移でアクセスされる


NEXT>> 11.5 練習問題 解答