助成金の利用種類と助成内容

助成対象訓練の種類と助成内容

助成対象となる訓練

神田ITスクールを利用される法人様の多くが、人材開発支援助成金の特定訓練コースのなかの、若年人材育成訓練を利用されています。

※人材開発支援助成金の詳細については、厚生労働省のホームページをご覧ください。 また、お近くの都道府県労働局(一部はローワークで受け付けるものもあります)へお問い合わせください。

厚生労働省ホームページ ~人材開発支援助成金~

助成内容

神田ITスクールでよく利用される重点訓練コースの場合、1時間あたり760円の賃金助成と、研修経費の45%が助成されます。(中小企業の場合)

joseigaku

助成金額のシミュレーション

例えば、当スクールのJava総合コース/(60日間・480,000円(税別))をご利用いただいた場合に助成される金額は以下の表の通りとなり、研修費用をすべてまかなうことができ、さらに差額が残ります。

助成の種類 助成金額
賃金助成 (1時間あたり760円) 760円 × 480時間 = 364,800円
経費助成 (研修経費の45%) 480,000円 × 45% = 216,000円
助成額の合計 (賃金助成 + 経費助成) 364,800円 + 216,000円 = 580,800円

※このシミュレーションで算出した助成額は参考例で、実際に助成額をお約束するものではありません。必ず、管轄の都道府県労働局にご確認ください。
厚生労働省ホームページ ~人材開発支援助成金~

※「4月~6月」の繁忙期の受講料は、上の表と異なります(別途お見積もり致します)。